top of page
  • 執筆者の写真7 Links

人見知りのお子様を望遠撮影【七五三撮影】静岡県御殿場市二の岡神社

この記事では少し珍しいパターンの出張ロケ撮影を行った七五三撮影の様子をお届けしたいと思います。


なぜこの撮影を記事にしたかといいますとこの撮影は通常の七五三撮影ではありませんでした。


人見知りのお子様を七五三撮影 静岡県御殿場市二の岡神社


撮影場所は静岡県御殿場市二の岡神社、そして氏神様の神社と二社で撮影しました。


通常は衣装を着ているお子様の前にカメラマンが立ち、ポーズをお願いしたり注意をひいたりして撮影をするのが一般的かと思いますが、今回のこの撮影では、被写体のお子様が人見知りと言うことでお母様、お父様以外では、写真を撮らせてくれないと言う状況でした。


なので、遠くから自然な姿を撮影できませんか?というご相談をいただき撮影をしました。


この撮影では、望遠レンズを持ち込み遠くから本人に気づかれないように撮影をしました。







時々お子様が私の存在に気づいたりしたこともありましたが、それでも距離が離れているため少し不思議な顔をしながら、そしてそこにいるの知ってるよと言う感じで、カメラを見てそれでも自然な表情を撮影することができました。





大きく距離をとっていたおかげで警戒心なく、でも私が何度か姿を見せるうちに、少しずつ心を許してくれてそして少し近づいても恥ずかしがることなく、逃げることなく、写真を撮らせてくれる場面もありました。




このように一般的な七五三撮影とは少し違う撮影方法で、お子様の自然な表情を撮影しお喜びいただきました。




人見知りのお子様撮影には最良

いろいろな撮影に携わり、お子様を撮らせていただくことも多々ありますが、いくら経験が多くても人見知りのお子様を撮るには難しい場面も多々出会います。


実際今回の被写体のお子様は、お母様お父様の前ではとても好奇心旺盛で無邪気に遊ぶお子様でしたが、私が最初に顔を見せたときには笑顔は消え、そしてお母様に抱きつき顔を隠してしまうようなそんな状態でしたので、カメラを手に前に立ってもとても写真を撮らせてくれるような状況ではありませんでした。


しかし、ロケーションを選び、そして衣装を着せて後は自由に動き回ってもらう、そして背景等指示がある場合は、お母様、お父様に遠くからお願いをして、このように歩いて欲しいとか、いろいろな作戦を駆使し私のみならずみんなで協力をして撮影したそんな撮影、様々な写真を撮ることができ方法としても最良ではないかと思いました。


まとめ


こういった人見知りやまたはじっとしているのが苦手と言うお子様、かしこまったりすることが苦手というお子様も多くいらっしゃると思いますが、そういったお子様を自然な表情で撮影したい、スタジオでかしこまって決まったポーズで撮る写真は苦手といった方、多く出会います。そういった方はご連絡をください。


同様に撮影をすることが可能ですのでご入用がありましたら、お問い合わせ欄よりご連絡をください。











閲覧数:26回0件のコメント

Comments


bottom of page